scroll
病院理念

理事長挨拶

医療と介護の一体的提供し、
居心地の良い病院を目指す。

 
令和という時代を迎え、いよいよ大井病院も新棟建築のスタートを切ります。来るべき超高齢化時代に備えて、大井病院は新しく生まれ変わります。新病院となってからもさらに地元の医院やクリニック、施設と連携し、ザ王病院と共に、医療法人七徳会として入院から自宅復帰まで切れ目のない医療や介護の継続と在宅医療によって、患者さま治療の地域完結を目指して参ります。
   医療提供を取り巻く環境はこれから激変が予想されます。日本はかつてない超高齢化社会になる一方で、少子化による生産人口の減少やそれに伴う年金の財源確保という難題に直面しています。健やかで、不安のない老後を過ごすために行政のしっかりした対策が重要ですが、高齢化が待ったなしで進む現場で、実態に即した迅速な治療や介護支援を行う為に、地方の民間中小病院、診療所が担うべき役割が大きくなって来ています。
   私ども七徳会大井病院は創設から90年以上にわたり、加治木の方々に育てられ、ここに根を張ってその役割を果たして来たと自負しております。そして新病院も患者ファーストで、「安心と居心地の良さ」を感じていただけるような病院づくりを目指します。そのためにはまず、職員にとっても満足できるよう職場環境を整えることが大変重要だと考えます。働きかた改革を進め、働き甲斐のある病院にしていく事が患者さまへのより良い接遇に繋がると期待されるからです。
 姶良およびその周辺にできるだけ広く、医療と介護の一体的提供を今後も安定して継続し、高齢者やそれを支えるご家族にとっても「身近で使い勝手の良い地元の病院」となれるよう、これからも職員一同、一層の研鑽を重ねて行く所存です。
 

医療法人七徳会  理事長 

妹尾 包人


 

院長挨拶

 

 
地域の中核医療施設として、
地域の方々の期待にしっかりと応える。

 
大正から昭和の時代に移行する頃、当院の前身である大井外科医院が開院しました。以後90年以上にわたって、常に地域医療に密着した病院づくりを目指してきました。昭和から平成、令和と時代が移り変わってきた現在でも「医の原点は救急にあり」との病院理念の下、日々努力しているところです。病院のある姶良市加治木町は錦江湾に面し、その南側には桜島が絶えず噴煙を上げています。さらに、北側には霧島連山もそびえています。風光明媚な立地と思われるかもしれませんが、常に災害にみまわれる危険にさらされています。自然災害のみならず、当院は鹿児島空港にも近く、また、九州自動車道、東九州自動車道が交差する交通の要所でもあり、交通災害、広域災害にも対応を求められる立地条件にあります。地域住民の方々の医療ニーズに応えていくのは勿論のこと、救急医療、災害医療にも対応できるよう体制を整えているところですが、まだまだ不十分なところが多く、医師をはじめ、看護師やリハビリスタッフ、その他、様々な職種の人材を求めているとともに院内体制の整備を進めています。
現在、老朽化した病院を立て直す計画を推進中です。新しい病院には、救急に対応しやすい環境、災害に対して強固な設備や機能を備え、画像診断装置の一新、療養空間のホスピタリティ改善にも注意を払い、さらには、職員が快適にかつ機能的に働きやすい環境など、患者さんのため、地域のため、職員のための施設となるよう設計を進めています。昨今、ドクターヘリの重要性が高まっている中、屋上ヘリポートも設置する予定です。地域の中核医療施設として、地域の方々の期待にしっかりと応えていけるよう今後も頑張っていきたいと思っています。
 

医療法人 七徳会 大井病院 院長

中薗 紀幸

ロゴマークについて

 
「和」「連」「真」「智」「仁」「義」「礼」
 

医療法人七徳会のロゴマークは初代の大井実澄先生が育てられていた万年青(おもと)をモチーフに作成しました。七枚の大きな分厚い葉には、七徳会が担う役割(七つの徳性)を意味しており、さらにロゴマークの中央には万年青の赤い実を表現し七徳会の中核となる理念を込めています。

全体図

 

概要

名称

医療法人七徳会 大井病院

所在地

〒899-5215 鹿児島県姶良市加治木町本町141番地

TEL

0995-63-2291

FAX

0995-63-0720

理事長

妹尾 包人

院長

中薗 紀幸

開設年月

大正15年7月

診療科目

脳神経外科/整形外科/消化器外科/血管外科/外科/リハビリテーション科/内科/糖尿病・内分泌内科/循環器内科/呼吸器内科/消化器内科/心療内科/麻酔科/放射線科

病床数

119床
(一般病床:52床、地域包括ケア病床:40床、回復期リハビリテーション病床:27床)

建物

鉄筋コンクリート5階建

関連施設

医療法人七徳会 ザ王病院

沿革

大正15年7月

大井外科医院 開業

昭和44年4月

医療法人七徳会 設立

昭和44年11月

病院増築80床に増床

昭和59年8月

全身用CT・超音波断層撮影装置 導入

昭和60年7月

119床に増床

平成1年3月

血管造影装置 導入

平成3年10月

医療法人七徳会 ザ王病院 開院

平成7年8月

高気圧酸素治療装置・MRI 導入

平成14年11月

アメニティーを重視した増築終了

平成18年4月

MRI1.5テスラに更新

平成22年12月

16列マルチスライスCTに更新

平成24年9月

回復期リハビリテーション病棟 開設

平成26年10月

地域包括ケア病床 開設

平成27年4月

リハビリテーション科 開設

平成27年8月

電子カルテシステム 導入・本稼働

平成28年4月

病院長交代(矢野院長から中薗院長へ)

平成28年7月

大井病院 開院90周年

平成29年8月

七徳会 法人事務局 開設

専門施設

脳神経外科

日本脳神経外科学会専門医認定制度指定訓練施設 日本脳卒中学会専門医認定制度認定研修教育病院

外科

日本外科学会外科専門医制度関連施設 日本栄養療法推進協議会認定NST(栄養サポートチーム)稼動施設

整形外科

日本整形外科学会認定医制度指定研修施設

患者様権利憲章

Patient Rights 

1.良質の医療を受ける権利

すべての人は、差別なしに適切な医療を受ける権利があります。

2.選択の自由の権利

病状の説明、検査や治療の内容、今後の見通しについて分かりやすい言葉で納得できるまで、十分な説明と情報提供を受け(インフォームドコンセント)治療方法などを自らの意思で選択する権利があります。

3.自己決定の権利

治療方法などについて自己決定するために、他の医療機関の医師の意見(セカンドオピニオン)を求める権利があります。

4.情報に関する権利

自分が受けている医療について知る権利を有し、診療記録の開示を求める権利があります。

5.守秘義務に関する権利

診療中に得られた個人情報が保護され、自分のプライバシーが他人にさらされず乱されない権利があります。

患者様へのお願い 

良質な医療を実現するために、当院の医療提供者に対し、患者様の情報を正確に伝えて下さい。
納得できる医療を受けるために、自分の病状や治療内容について理解するように努めて下さい。
分からないことがあれば繰り返し説明を受けて下さい。
お互いに快適な療養生活を送るために、定められた規則を守り、他の患者様の治療に支障を与えないように配慮して下さい。

 
医療法人 七徳会 大井病院

当院における倫理方針

1.私たちは、患者様の権利に関するリスボン宣言および医師の職業倫理指針を尊重して診療にあたります。
 
2.私たちは、終末期医療・脳死判定・臓器移植・宗教上の理由による輸血拒否等については、それぞれの関係法規、ガイドライン、看護者の倫理綱領に準拠して診療・看護にあたります。
 
3.私たちは、医療行為の倫理的妥当性が問題となったときには、院内医療倫理委員会において審議して方針を決定たします。