加治木の中核病院として24時間の救急医療、生活習慣病の治療に取り組んでいます。

整形外科・リウマチ科

こんな症状がある時にどうぞ

体のちょっとした変化は病気の合図。変化が出たら検査が必要です!

  • 腰痛
  • 下肢のしびれ
  • 脱力感
  • 坐骨神経痛
  • 冷感
  • 足を引きずって歩く

こんな病気の可能性があります

病名主な症状当院で可能な検査当院で可能な治療
腰椎椎間板ヘルニア

腰痛
下肢の放散痛
下肢のしびれ
坐骨神経痛
脱力感
冷感
知覚麻痺
反射の消失
筋力低下
膀胱直腸障害

レントゲン
MRI
CT
ミエログラフィー(脊髄腔造影)
トモシンセシス

  • 安静、薬物療法
    痛みが強い時には、安静が最も良い。
    鎮痛剤(内服、坐薬)、筋弛緩剤、ステロイド剤などが投与される。
  • 神経ブロック療法
    神経根ブロックや硬膜外ブロックが行われ、局所麻酔薬やステロイド薬を神経根や硬膜外腔に穿刺針で注入する。
  • 手術(重症の場合)
    膀胱直腸障害があるなど重症の場合には、はみ出た椎間板を摘出する手術を行います。経皮的髄核摘出術などがあります。
腰部脊柱管狭窄症 間歇性跛行(長い時間歩けないが、しばらく休むとまた歩ける)
腰痛
腰から足へのしびれ
痛み
脱力感
前かがみになると楽
排泄障害
レントゲン
MRI
CT
  • 薬物療法
    非ステロイド性消炎鎮痛薬、貼付薬、塗り薬など。また、循環障害改善薬で血流の改善を図る。
  • 装具療法
    腰部を安静させる目的で、腰部にコルセットを装着する。
  • 手術
    強い神経障害やある場合や姿勢の改善指導をはじめ保存療法を続けても効果が得られなかった場合、脊柱管を広げることで神経への圧迫を取り除く(徐圧)手術手術(開窓術や椎弓切除術など)が行われます。

当院で可能な検査のページを見る

スタッフ紹介

診察日担当表を見る

役職 整形外科部長
医師名 山内 常一郎
専門分野 整形外科
学会認定医、専門医等

整形外科専門医

役職 理事
医師名 大井 知泉
専門分野

整形外科

学会認定医、専門医等

 

 

役職 常勤医師
医師名 黒川 佑虎
専門分野

整形外科(特に股関節・膝関節)、形成外科(特に鼻骨などの顔面骨骨折や変形の診察にも対応)

学会認定医、専門医等  日本整形外科学会員

主な手術実績

(2017年7月現在)

主な手術実績
骨折観血手術
人工骨頭挿入術
四肢切除術
人工関節置換術
アキレス腱縫合術
手根管開放術
 

このページのTOPへ