加治木の中核病院として24時間の救急医療、生活習慣病の治療に取り組んでいます。

放射線部

外見からは分からない、内部の検査を目的として レントゲン撮影などをおこないます。

放射線部のご紹介

放射線部集合写真

業務としては骨や胸のレントゲンを撮影する一般撮影。
その他にCT、MRI、血管撮影装置、X線TV装置、外科用イメージ、ポータブル装置、ワークステーションがあります。
X線や磁気を利用して体内の様子を画像作成すると共に、より患者様のためになる画像提供を心掛けております。

業務内容

16列マルチスライスCT

16列マルチスライスCT

コンピュータによる全身断層撮影装置で、短時間で臓器の撮影ができます。
造影剤を使用して、より詳しい病変の抽出や脳血流測定なども行います。
また、ワークステーションというコンピュータを使い、三次元画像や体内脂肪測定もできます。

housyasen pic02

1.5テスラMRI

1.5テスラMRI

磁気とラジオ波を利用して全身の断層写真を撮る検査で、放射線による影響はありません。
任意の角度で断層撮影ができるので、より細かい診断が可能です。

X線TVシステム

X線TVシステム

大視野平面検出器を搭載し低線量で高画質が可能でX線と造影剤を用いて、主に胃や大腸の透視検査、胆道系の造影検査を行えます。独自機能としてトモシンセシス(断層像)やスロットラジオグラフィー(長尺像)も備えています。
嚥下困難な方の嚥下造影による機能評価や下肢静脈瘤などの血管撮影も可能です。

血管撮影装置(DSA)

血管撮影装置(DSA)

造影剤を用いた血管抽出装置で、脳動脈瘤・脳腫瘍・脳梗塞・四肢の閉塞性・動脈硬化症などを診断します。

 

このページのTOPへ