加治木の中核病院として24時間の救急医療、生活習慣病の治療に取り組んでいます。

リハビリテーション部

全科から患者さまのリハビリテーション依頼を受けて機能回復、家庭復帰、社会復帰のお手伝いをしています。

リハビリテーション部の紹介

リハビリテーション部集合写真

リハビリテーション部では救急搬送された患者様に対して、発症早期から身体機能の早期改善を目指したリハビリテーションを行っています。急性期から亜急性期にかけて家庭・職業・社会への復帰をめざし、起きる・立つ・歩く等の基本的な動作や生活に関連した応用的な動作の能力向上を目的としたリハビリまで幅広く行っています。

外来でのリハビリテーション機能も充実させ、維持期の患者様に対しても、身体機能や生活能力の維持・向上を目的としたリハビリを行っています。

リハビリテーション部は理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)やあんまマッサージ師・助手の合計12名が在籍しており、主治医や外来・病棟看護師またMSW(医療ソーシャルワーカー)・ケアマネージャーと協力し一日でも早い患者様の家庭・職業・社会への復帰へのお手伝いを行っています。

業務内容

理学療法

理学療法では、脳血管疾患や整形外科疾患、内科・外科疾患から生じる廃用症候群などにより、障害された機能を取り戻すため、発症早期から関節可動域練習、筋力維持・強化練習、基本動作(寝返り・起き上がり・坐位・立位)や、移乗や歩行などのADL(日常生活動作)の練習・指導を行っています。

治療には、上記のような運動療法のほかにも電気・温熱・牽引を用いる物理療法があり、患者様一人ひとりの症状、障害にあわせた理学療法を行っています。

作業療法

作業療法では、主に脳血管疾患による運動機能障害・高次脳機能障害や、整形外科疾患などで障害された機能を取り戻し、応用的動作能力や社会適応能力の回復を図ります。

急性発症期から積極的に関節可動域練習、筋力維持・強化練習を行うほか基本動作からIADL(応用動作)の再獲得をめざし、作業活動を通じた治療を行っています。

患者様は、今後の生活への不安など、様々なストレスに晒されています。在宅復帰に向けた実践的なADL練習のほか、意欲の向上や心的ケアを踏まえた作業を取りいれ、住宅改修前の訪問調査など、患者様を中心とした生活環境整備を総合的に行っています。

言語聴覚療法

言語聴覚療法では、脳梗塞や脳出血、外傷により言葉がでにくくなったり、発音が聞き取りにくいなどのコミュニケーションに障害がある方に対して、必要な検査や評価を行いそれに基づいて練習を実施します。また、ご本人やご家族に対して必要となる助言や指導を行います。

食べ物を食べるときや飲み込むときにむせたり、食べ物がのどを通りにくくなった方に対しても、看護師と協力して摂食嚥下の練習を行います。

 

このページのTOPへ