加治木の中核病院として24時間の救急医療、生活習慣病の治療に取り組んでいます。

臨床検査部

検体検査や生理学的検査などの検査から、患者さまの病気や身体の異常を科学的に分析し迅速かつ正確な情報を医師に提供しています。

臨床検査部のご紹介

臨床検査部集合写真

血液・尿・便・分泌物・組織など患者さまから採取した検体を分析する検体検査と患者さまと直に接して身体の生理的機能の電気信号を波形として記録する心電図や脳波など生理学的検査の二つが主な業務で外来患者さまの採血検査結果は30分以内に報告し、検査結果も患者さまにお渡ししています。

業務内容

検体検査

検査科 シーン4

採血した血液や尿などからさまざまな成分を分析し、身体に異常がないか、どの部分の疾患なのか、貧血はないか、栄養状態はどうかなどを判別する検査です。
少量の採血で色々な検査項目を実施することが出来ます。

kensa pic02

輸血検査

手術や出血などで輸血が必要になった場合、患者さまの血液型検査や輸血用血液を安全に輸血出来るよう適合検査等を行います。
また、患者さまご自身の血液を輸血する自己血輸血も実施しています。

超音波検査

超音波による画像で主に心臓・肝臓・胆のう・腎臓・血管の病態を診断します。
脳に大量の血液を送る頸動脈の超音波検査を行うことより、頸動脈のつまりや、動脈硬化の程度を調べることが出来ます。

ホルター心電図検査

携帯型心電計を用いて24時間の心電図を記録します。胸部に測定用の電極を装着しますのでお風呂には入れませんが、通常の生活、お仕事をしても大丈夫です。

脳波検査

脳の働きにともない発生する微弱な電気活動を頭皮上から検出・増幅し記録する検査です。
最近では、物忘れ外来受診の患者さまにも行います。痛みもなく、30分で終了します。

骨密度検査

骨粗しょう症などの診断のために、足のかかとの骨で測定します。痛みもなく数分で検査できます。
測定患者さまと同年代の方との骨密度の比較もできます。

平衡機能検査

めまい、平衡障害はその原因により体の揺れ方のパターンに違いがあります。それを測定し診断を補助する検査です。
痛みもなく、数分で終了します。

動脈硬化検査

両手、両足の血圧を測定しながら動脈のつまりや硬さがわかります。痛みもなく10分程度で終了します。

睡眠時無呼吸検査

寝ている間にいびきや呼吸停止、十分に眠ったという満足感がない、日中とても眠いなど心当たりのある方は睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。睡眠中の身体の様子を装着した電極を通して、呼吸の状態、睡眠の状態を調べる検査です。患者さまの自宅で、寝る前に簡単な機器を装着して寝ていただくだけの検査です。

 

このページのTOPへ