加治木の中核病院として24時間の救急医療、生活習慣病の治療に取り組んでいます。

睡眠外来

こんな症状がある時にどうぞ

体のちょっとした変化は病気の合図。変化が出たら検査が必要です!

  • 寝ている間
    いびきをかく・いびきがとまり大きな呼吸とともに再びいびきをかき始める
    呼吸がとまる・何度も目が覚める

  • 起きた時
    口が渇いている・頭が痛い、ズキズキする・すっきり起きられない・体が重い

  • 起きている時
    強い眠気がある・だるさ、倦怠感がある・集中力がない・いつも疲労感がある

こんな病気の可能性があります

睡眠時無呼吸症候群(SASサス:Sleep Apnea Syndrome)

睡眠時無呼吸症候群(SAS)は、眠っている間に呼吸が止まる病気です。
医学的には、10秒以上の気流停止(気道の空気の流れが止まった状態)を無呼吸とし、無呼吸が一晩(7時間睡眠中)に30回以上、若しくは1時間あたり5回以上あれば、睡眠時無呼吸です。
寝ている間の無呼吸に私たちは気付くことができないために検査・治療を受けていない多くの潜在患者がいると推計されています。高血圧や脳卒中などの循環器疾患や糖尿病などの合併症を引き起こすこともあります。その上、日中の眠気の為に、交通事故や産業事故などを引き起こす可能性があります。

 

睡眠時無呼吸症候群の検査

問診の結果SASの可能性が疑われる場合には、具体的な検査へと進みます。
まずは自宅で手軽にいびきと呼吸のチェック。

簡易検査 自宅で手の指や鼻の下にセンサーをつけ就寝して頂き、いびきや呼吸の状態からSASの可能性を調べます。
精密検査 簡易検査で要注意な症状が確認されたら、病院に一泊して頂き睡眠と呼吸の質を調べる精密検査を行います。終夜睡眠ポリグラフ(PSG)検査と呼ばれます。 仕事などへの支障が少ないように、仕事終わりの夜に入院して検査をし、翌朝出勤前に退院出来るようになっています。寝ている間に検査は終了します。

スタッフ紹介

診察日担当表を見る

役職 非常勤医師
医師名 梅原 恵
専門分野

呼吸器内科

学会認定医、専門医等

日本総合内科専門医、日本呼吸器学会専門医

肺がんCT検診認定医

 

このページのTOPへ